So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

シンセサイザーRoland Fantom-X6 買いました! [日記]

タイトルの通り61鍵シンセサイザー買いました。

で、どうしてシンセサイザーが必要になったかというと、バンドでキーボード担当することになったからです。
サークルも入ることに決まり新たに楽器が必要になったのでした。

はじめはどうしても88鍵のピアノタッチのシンセが欲しくて色々インターネットで検索すると、

・ヤマハ Music Synthesizer MM8 ・・・ 8万円程度
・ヤマハ Music Production Synthesizer MO8 ・・・ 13万円程度
・ヤマハ ステージピアノ CP33 ・・・ 10万円程度

の三機種が候補に挙がりました。
まず、シンセパートで色々な音色がないといけないのでCP33は消去。
MM8は実物を触りに近くの楽器屋まで行きましたが音があまり良くなかったので消去。
残ったMO8を購入しようかと思っていたのですが、
これ、ヤマハの公式サイトで重さを確認すると21キロもあるそうな・・・
ハードケースと一緒に持ち歩くと30キロを超えます・・・
とても毎週練習へ持ち出せるような重量ではないので
仕方なく88鍵シンセは諦めることになったのでした。

じゃあ軽くて比較的安価な61鍵シンセしかないか、と候補を選び直しました。
88鍵ならまだしも61鍵のキーボードタッチのシンセにお金をつぎ込むことはできないので、
予算は10万円と設定しました。

・ヤマハ Music Synthesizer MM6 ・・・ 4,5万円程度
・ヤマハ Music Production Synthesizer MO6 ・・・9万円程度
・KORG X50 Music Synthesizer ・・・ 5,5万円程度
・KORG M50-61 Music Workstation ・・・ 9,5万円程度
・Roland JUNO-Di ・・・ 7万円程度
・Roland JUNO-G ・・・ 10万円程度

以上6機種にしぼり込みました。
色々な楽器屋さんを回り、すべての機種を展示を触ったのですが、
まずヤマハとKORGは鍵盤を押すと"ふにゃ"という感覚で好みではなかったので消去しました。
ローランド製のシンセはエントリーモデルでも押すとストンと落ちてくれてかなり気に入りました。
そこで、JUNO-Gは発売してからかなり経過しているので消去し、JUNO-Diを買うことにしたのでした。

これがJUNO-Diです↓

3172234

格好いいですよねー










ところが、突如ほとんど未使用の Roland Fantom-X6 Audio Track Expansionというシンセを手に入れるチャンスがありまして、9万円で買うことができました。↓

3170318

今までの苦労はいったい・・・

現在はFantom-Gという機種が出ていて既に型落ちした機種ですが、
ビックリするくらいいい音で鳴ってくれます。
今いろんな音を鳴らして遊んでます(笑
タグ:Roland fantom-X
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 2

tabkey

たしかファントムの元値は20万ぐらいだっけ?
安く手に入ってよかったね!
by tabkey (2009-09-15 22:09) 

kyonkyon

tabkeyさんこんにちは!

fantomは61鍵で大体23、24万円位だそうです。
安く手に入って良かったです!!

by kyonkyon (2009-09-19 08:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。